2007年07月11日

タカのKAT−TUN AKASHI 7月反攻キーマンだ

タカの「KAT−TUN」に熱視線! 4年目の明石健志内野手(21)が9日、7月反攻のキーマン候補に浮上した。昨年右肩を手術した影響から開幕1軍こそ逃したものの、王監督が早くも来季の外野コンバートを示唆するなど、打力と俊足を生かした起用法を検討。07年型の新戦力として、後半戦はDHや代打の切り札での登場も急増しそうだ。

 6月19日の1軍昇格から、出番はまだ3試合しかない。しかし、代打では2打数2安打。「彼は体(173センチ、66キロ)の割に遠くに飛ばせるんだ。守りは(右肩を)きちんと治してからだけど、出場機会を増やしたい。外野に回すことも含めてね」。王監督は明石の潜在能力に無限の可能性を見いだした。

 現ポジションは内野だが、王監督が「強い打球を打てる」と評価する打撃と、チーム屈指の俊足を後半戦の戦いに生かさない手はない。現在は左の代打や代走でスタンバイする日々。しかし、首脳陣は幅広い起用プランを検討中だ。松中が一塁の守備に戻れば、ブキャナンや松田らとともにDH候補にも浮上する。
「常に緊張感があるし、結果を出していきたい」。切れ長の目に、ジャニーズ風の甘いマスクとロン毛で人気もジワリと上昇中。来季のポジション争いより一足早く、21歳の新鋭が「キーマン」としてまぶしいスポットライトを浴びる。 (西口憲一)
    (引用 YAHOOニュース
posted by じん at 10:14| KAT-TUN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。