2007年10月24日

昨日放送第2話「有閑倶楽部」を見逃した人は・・・。


るんるん第2話あらすじ 

有閑倶楽部の面々がいつものように暇をもてあましていたある日、自宅からネコの散歩に出た悠理は、覆面をした2人組に襲われた。
逆襲して相手の覆面をはぎ取ると、犯人は太助と亮太という親子。太助らの目的が自分を狙った営利誘拐だと知った悠理は、最高の暇つぶしが出来ると考え、自ら協力することを申し出る。

誘拐したことを告げる脅迫電話を受けた万作(片岡鶴太郎)、百合子(かとうかず子)らは、犯人がボイスチェンジャーを使った悠理とも知らず、心配を募らせる。剣菱邸には、部下を連れた時宗(鹿賀丈史)はもちろん清四郎(横山裕)、野梨子(香椎由宇)、美童(田口淳之介)、可憐(鈴木えみ)も駆けつけ、緊張した空気に包まれた。

その頃、悠理は、たまたまバイクで通りかかった魅録を仲間に引き込み、太助らが用意した隠れ家に移動していた。
太助の話によると、彼らが誘拐を計画した理由は、病気にかかった妻の高額な手術代を、関係者を名乗る男に騙し取られたため。手術代にしようと見込んだ自分自身の身代金が5000万円と聞いた悠理は、「安すぎる」と10億円に変更。さらに、清四郎ら4人をも巻き込んだ2人は、警察を相手に知恵比べをすることになった。

まもなく、魅録らは、時宗がセットしている逆探知マシンの裏をかき、身代金の額などを書いたメモを、悠理の愛猫・富久娘の首輪に付けて剣菱邸に送り届ける。さらに、身代金の受け渡しの方法を考えていた清四郎は、最高のアイデアを考え付き、剣菱邸に連絡した。

そんな中、太助らから手術代を騙し取った人物の特徴を聴いた魅録は、ウラの筋から情報を収集し、元暴力団幹部の男を特定。そのアジトに潜入した魅録は、仲間たちといる犯人の男を確認した。

身代金受け渡しの当日、清四郎らは、身代金となる10億円の札束の山を銀行から剣菱邸に運ぶ途中の車に、魅録が操縦するラジコンヘリで接触・・・。

posted by じん at 10:13| KAT-TUN赤西仁 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。