2007年11月13日

今夜22時は・・・ドラマ『有閑倶楽部』♪♪

るんるん第5話あらすじ 11月13日るんるん


可愛い孫の顔が見たくなった百合子は、悠理に結婚して子供を産むよう命令。悠理はもちろん万作や執事の五代(久保晶)も反対するが、百合子の鶴の一声で、剣菱財閥を継げるような手腕を持つ花婿捜しが行われる。が、「自分より強いこと」を条件に掲げる悠理の前にどの花婿候補も適わない。


その中で候補に浮上したのが清四郎だった。野梨子(香椎由宇)は反対し、清四郎自身も気乗りがしなかったが、魅録(赤西仁)らから、花婿が剣菱財閥の総帥として真剣勝負が要求される難しいポジションだと告げられ、逆にチャレンジ精神を刺激されてしまう。その結果、自分の屋敷に挨拶に来た万作に対し、清四郎は、悠理との結婚を了承。財閥を動かすことに魅力を感じたと話す清四郎を見た野梨子は、金に目がくらんだのかと非難。

一方、何としても結婚したくない悠理は、清四郎に果たし状を突きつけ、清四郎が修行をした武道の神様と呼ばれる雲海和尚(泉谷しげる)の元を訪ねるが、清四郎との試合ではアッサリ負けてしまう。

清四郎は、万作が不在の間、すぐさま代理としてグループ各社の社長を集め、世界一の財閥を目指して仕事を開始。屋敷では、悠理を素敵なレディーにしようと、語学やマナーの勉強をさせる。清四郎が仲間の気持ちより、自分の野心を優先していると考えた魅録と野梨子は、その目を覚まさせようとするが――。
posted by じん at 10:30| KAT-TUN赤西仁 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。