2007年06月20日

2007年前半で最も売れたシングル、アルバム、DVDは?

今年の前半戦で最も話題になった曲、それは紛れもなく「千の風になって」だ。コンサートでも多くの観客が涙したこの作品は、その後NHK『紅白歌合戦』での歌唱をきっかけに爆発的な広がりを見せた。若い世代から50、60代のユーザーにまで支持されることで、5月までベスト10をキープするロングヒットを記録、ミリオンセラー目前の数字をたたき出し、堂々の上半期シングルランキング1位となった。
アルバムランキングで無類の強さを発揮したのはMr.Children。オリジナルアルバム『HOME』が上半期唯一のミリオンセ−ルスアイテムとなったほか、シングルのカップリング楽曲で、既発のアルバムには未収録の20曲を年代順に収録した2枚組『B-SIDE』も11位に送り込むなど、支持率の高さを誇っている。
DVDランキングに目を移すと、劇場公開では興行収入が100億円を突破、DVDでも発売日一日の売上げが、あの『ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版』を軽々とオーバーテイクしてしまった『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト 2-Disc・スペシャル・エディション』が堂々のNo.1。

 音楽DVDでは、KAT-TUNの『Live of KAT-TUN “Real Face”』が最も高い数字を残した。
            (引用 YAHOOニュース



赤西が復帰して益々盛り上がってきたKAT-TUNるんるん
すごく嬉しいです
もうやだ〜(悲しい顔)ぴかぴか(新しい)
posted by じん at 10:21| KAT-TUN ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。